英チャレ

帰国子女ママが英語学習について発信するブログ

子どもの英語

親子で使える日常英会話フレーズ10選!子育て英語表現集

2020/02/14

7008911200bf3854d43007dda92e2e81_s

「子育ての中に英語を取り入れたい!」「親子で日常会話ができたら…!」そう思ったことはありませんか?

親子で毎日楽しく英語に触れることができたら素敵ですよね。子どもの英語に対する苦手意識を軽減することにも繋がります。

そこでこの記事では、親子で使える日常英会話フレーズを10選ご紹介します

使わない日はないくらい使用頻度の高い英語表現集です。これらのフレーズを覚えるだけで毎日英語に触れることができますよ。

普段の生活の中で楽しく英会話を取り入れましょう!

 

 

 ①どうしたの?

What's wrong?

アメリカで非常によく使うフレーズの一つです。相手の具合が悪そうな時に尋ねます。

wrongは「間違った/良くない」を意味し、その手前にWhat's(=何か)をつけることで「何か良くないことがあるの?どうしたの?」という意味合いになります。
「What's the matter?」も同じ意味ですが、「What's wrong?」の方がよく使われています。

子供が泣いている時や何か問題がありそうな時に使ってみて下さいね。

例文
ママ:What's wrong? You look pale.
(どうしたの?顔色悪いよ。)
子供:I don't feel so good today.
(今日なんだか気持ちが悪い。)

 

 

②ちょっと待ってね

Hold on./Wait a second./Just a second.

「ちょっと待ってね」の言い方は色々あります。
Hold on はアメリカ人がよく使うフレーズの一つで、「そのままちょっと待ってね」と言いたい時に使います。

second は一秒という意味ですが、一秒間待っててという意味ではありません。
Wait a second は「ちょっと待ってて」、Just a secondは「ちょっとだけ待ってて」という意味合いになります。

Hold on a second という言い方もできます。

例文
子供:Is dinner ready yet?
(晩ごはんまだ?)
ママ:Hold on. I'm making it right now. 
(ちょっと待ってね。今作ってるから。)

 

 

③大丈夫?

Are you ok?/Are you all right?

これもアメリカ人がよく使うフレーズの一つです。
Are you ok と Are you all right はどちらも「大丈夫?」という意味になります。

例文
ママ:Are you ok?
(大丈夫?)
子供:I'm fine. I'm just a little tired. 
(大丈夫だよ。少し疲れてるだけ。)

 

 

④はい、どうぞ!

Here you are!

相手に何か物を手渡す時に使うフレーズです。玩具やお菓子など、親子間で何かを手渡すシーンはよくあるので、頻繁に使えるフレーズだと思います。

例文
子供:Mommy、can I borrow that?
(ママ、それ借りていい?)
ママ:Sure, here you are. 
(もちろん、はいどうぞ。)

 

 

⑤それちょうだい

Can I have that?/Can I have this?

Here you are(はいどうぞ) と合わせて使えるフレーズです。
Can I have that? は「それちょうだい」、Can I have this? は「これちょうだい」という意味になります。

例文
ママ:It's dangerous. Can I have that?
(それは危ないよ。それちょうだい?)
子供:Ok, here you are. 
(わかった、はいどうぞ。)

 

 

⑥よくできたね!

Good job!/Nice job!/Great job!/Wonderful job!

親子間はもちろん、友達同士やビジネスシーンなどあらゆる場面で使うフレーズです。
「よくできたね!」の言い方は色々ありますが、少しずつニュアンスが違います。

Point
・Good job!
(よくできたね!頑張ったね!)
・Nice job! 
(いいね!)
・Great job!
(すごくよくできたね!)
・Wonderful job!
(素晴らしいね!)

 

 

⑦ママ、見て!

Look, mommy!

子供は何でも大好きなママに見て欲しいものです。簡単で覚えやすくもあるので、子供が使うのに良いフレーズだと思います。

例文
子供:Look, mommy!
(ママ、見て!)
ママ:Yes, what is it? 
(うん、なに?)

 

 

⑧トイレ行かなくて大丈夫?

Do you need to go to the bathroom(potty)?

toilet は便器を意味することがあるため、トイレを表現したい時はbathroom を使った方が無難です。
pottyは小さい子供が使う赤ちゃん言葉でトイレを意味します。

例文
ママ:Do you need to go to the bathroom?
(トイレ行かなくて大丈夫?)
子供:No, I’m fine. 
(うん、大丈夫だよ。)

 

 

⑨美味しい?

Is it yummy?/Is it good?

Is it yummy?と Is it good? はどちらも「美味しい?」という意味になります。yummy はたまに大人も使う表現ですが、主に小さい子供が使う赤ちゃん言葉です。
good はアメリカでよく使う万能な言葉で、美味しさを表現したい時にも使います。

例文
ママ:Is it good?
(美味しい?)
子供:Yeah, it tastes good! 
(うん、美味しいよ!)

 

 

⑩お片付けしようね

Let's clean up!

Let's 〇〇 は 「〇〇しよう!」と言いたい時に使える万能フレーズです。

例文
ママ:Let's clean up the toys!
(おもちゃ片付けよう!)
子供:Ok, wait a second! 
(わかった、ちょっと待って!)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した10のフレーズを使うことが出来れば、一日に数回は英語を話す機会ができると思います。

英語力向上のカギは、毎日少しでもいいので英語に触れることです。

普段の生活の中で、自然と英語に触れる機会を親子で作ってみて下さいね。

Let's enjoy english!

-子どもの英語