英チャレ

帰国子女ママが英語学習について発信するブログ

日常で使える英会話

「みなさんこんにちは」は英語で?シーン別挨拶フレーズ

2020/02/14

「みなさん、こんにちは」を英語でなんていうかご存知ですか?

一般的な言い方は「Hello, everyone!」ですが、これ以外にも「みなさん、こんにちは」を表現できるフレーズはたくさんあります!

この記事では、「みなさん、こんにちは」の英語表現を10選ご紹介します。

スピーチやビジネスで使える表現や、友達同士のカジュアルなシーンで使える挨拶など、シーン別で紹介していきます!

あなたもそのシーンにぴったり合った言い方を覚えて挨拶をしてみませんか?

 

 

「みなさん、こんにちは」は英語で?

「みなさん、こんにちは」は英語で「Hello, everyone」もしくは「Hi, everyone」といいます。

 

Hello(Hi), everyone.
(みなさん、こんにちは)

 

「Hello」も「Hi」も同じ「こんにちは」という意味ですが、「Hello」はフォーマル、「Hi」はカジュアルな場で使われることが多いです

例えば、ビジネスのスピーチやメール、そして初対面の人との挨拶は「Hello」がよく使われています。

「Hi」は友人や家族、知り合いなどのカジュアルな場で使われることが多いです。

でもだからと言って、フォーマルな場で「Hi」を使ってはいけないという決まりはないですし、反対にカジュアルな場で「Hello」を使ってはいけないという明確な決まりはありません。

 

「Hello」と「Hi」は一日のどの時間帯でも使える

「Hello」と「Hi」は日本語で「こんにちは」と訳されることが多いので、日中でしか使えないイメージがありませんか?

実はそうではなく、「Hello」と「Hi」は1日のどの時間帯でも使えます。

HelloとHiは、「Good morning」「Good afternoon」「Good evening」の代わりになる万能表現です。

 

 

時間帯によって挨拶の仕方を変えてみよう

時間帯によって挨拶を変えてみるのもいいですね。

 

午前中なら…、

Good morning, everyone.
(みなさん、おはようございます。)

 

12時を過ぎたら…、

Good afternoon, everyone.
(みなさん、こんにちは。)

 

夕方からは…、

Good evening, everyone.
(みなさん, こんばんは。

 

 

「everyone」と「everybody」の違いは?

みなさんを表現する言葉は、「everyone」の他に「everybody」があります

違いはなにかと聞かれると、特に大差はありません。どちらも「みんな」を表す単語です。

ただ、「everyone」の方が「everybody」よりも少しフォーマルではあります。それゆえ、ネイティブの口語では「everybody」が使われることの方が多く、またかしこまったスピーチでは「everyone」が使われることが多いです。

意味は同じなので、あなたの好きな方を使うといいでしょう。

 

Hello, everybody.
(みんな、こんにちは。)

 

 

「みなさん、こんにちは」のフォーマルな英語表現

「みなさん、こんにちは」をよりフォーマルで言いたい場合は「Hello, ladies and gentlemen.」という表現があります。

「Ladies and gentlemen」は直訳すると「紳士淑女」のことで、「皆様」を表現するフレーズです。

イベントの司会者やスピーチなどで使われています。

 

Hello, ladies and gentlemen.
(皆様、こんにちは。)

 

余談ですが、2017年にロンドンやニューヨークの地下鉄では「ladies and gentlemen」のアナウンスを止め、代わりに「everyone」や「passengers(乗客)」が使われるようになりました。

男性と女性を強調する言い方を止め、性別を問わないジェンダーニュートラルな言い方に変えたこの取り組みは、一般企業や教育機関でも広がっているようです。もしかしたら「ladies and gentlemen」が使われなくなる日がくるのかもしれませんね。

 

(▼海外のニュースサイトに飛びます)
[blogcard url="https://www.independent.co.uk/news/world/americas/new-york-subway-ladies-and-gentleman-announcement-gender-neutral-a8050286.html"]

 

 

「みなさん、こんにちは」のカジュアルな英語表現

「みなさん、こんにちは」のカジュアルな英語表現をご紹介します。

ニュアンス的にはどれも「こんにちは」より「やぁ!」に近いです。あまり親しくない人や目上の人には使わないようにしましょう。

 

Hey, everyone!
(やぁ、みんな!)

 

Hey, guys!
(やぁ、みんな!)

 

Hi, all!
(やぁ、みんな!)

 

ちなみに「guy」の単数形は「男」「やつ」という意味合いがあり、男性を指します。ですが複数形の「guys」は男女関係なく使える表現です。

 

 

「みなさん、こんにちは」は英語で?まとめ

こうして記事にしてみると、「みなさん、こんにちは」を表現できる英語フレーズは意外と多いことに気づかされました。

同じ意味でもニュアンスの違いがあって、そこが言語の難しさでもあり面白さでもあるなぁと思います。

言葉に含まれる微妙な意味合いの違いを理解すると、英語力が上達する気がしますね!

色々なフレーズを覚えて、TPOにあった言葉遣いを身に付けられたらいいですね。

-日常で使える英会話